アメックスゴールドの審査と年収

アメリカンキスプレスのゴールド・カード。申し込んでみたいけど、審査に落ちたら嫌だなと思って躊躇している人もいるはずです。
ゴールドの審査が不安なら、まず、アメックスグリーンに申し込んで、ステップアップするという方法もあります。この方法なら、年収をカバーしてステップアップもできます。

 

ですが、審査基準をクリアしていれば、今すぐにゴールドカードを申し込みたいところだと思います。
では、年収がいくらなら審査基準をクリアできるのか?

 

アメックスゴールドの審査と年収の関係

 

この記事では、インターネットで囁かれている噂、アメリカンエキスプレスの公式サイトの記述、国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」を合わせて考えてみます。

 

審査や申込基準を勘違いして憧れのカードに申し込めないなんてもったいないです。
もしかしたら、自分の中の基準が厳しいだけで意外とあっさり通るものかもしれませんよ?

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申込み基準

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申込み基準は諸説あります。
巷でよく言われている審査基準で年収の部分をリサーチすると
年収500万円というのがよく書かれています。

 

さて、年収500万円以上でないと審査に通らないというのは本当なのでしょうか?

 

年収500万以上が基準というのはウソ

アメックスゴールドカードに限った話ではないですが、年収がいくら以上でないと申し込めないという話が書いてあったら、それは数年前の古い情報です。

 

確かにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは「満30歳以上、年収500万円以上、安定した職業・勤続年数5年以上」というのが申込みの基準になっていた時代もありましたが、現在の基準は異なります。

 

現在のアメックスゴールドカードの申込みの基準は、
「20歳以上、安定した職業」というのが申し込みの基準になります。

 

一見、申し込みの基準が下がったように見えますよね?どうしてなのでしょうか?
ここからアメックスマニア独自の視点で分析してみます。

 

 

年収の基準が外れた理由

おそらく、時代の背景があるのですが、大きな理由として国内の年収が引き下がっている傾向に合わせたものではないかと分析します。

 

国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」というデータがあるのですが
年間の平均給与は、478万円(正規の平均給与)
となっています。
引用元:国税庁 平成26年分民間給与実態統計調査結果について

 

年収500万円以上と年収の基準を明確にしたら、実際問題、申し込める人がかなり限られてしまいますよね。

 

つまり、年収の平均が下がり、そもそも申し込みができない状態の人が多くなったため、年収制限を取り払ったのではないでしょうか?
このような傾向は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードだけではなく、三井住友VISAゴールドカードやJCBゴールドカードにも当てはまります。おそらく、足並みをそろえているような状況なのでしょう。

 

【比較参考資料】
三井住友VISAゴールドカード
満30歳以上で、安定収入のある方※ゴールドカードとしての審査基準あり
JCBカード(JCBゴールド)
原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方※ゴールドカードとしての審査基準あり

 

年収の目安は「安定した職業」にあり

年収の申し込み基準は取り払われたとお伝えしましたが、とはいえ、確実に年収の審査はしているはずです。では、年収はどのように審査されているのでしょうか?

 

ひとつの目安として、アメックスゴールドカードの別の審査基準から考えてみます。
アメックスゴールドカードは、そもそも正規雇用の会社員ではないと申し込めません。契約社員や派遣社員は申し込めないのです。これを年収に置き換えてみると、

 

安定した職業=正規雇用の会社員=平均給与478万円
※平均給与は、国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」より

 

という図が成り立ちます。
このことから、アメックスマニアでは、平均給与478万円を一つの審査に通る年収の基準として考えてもいいのではないかと思います。

 

男女平均ですから、女性の年収を考え合わせるともう少し基準が低くなるかもしれないですね。あくまで予想ですが。

 

これはあくまで当サイトアメックスマニアの独自の視点なので審査に通ることを保障するものではありません。ですが、ひとつの目安としては使える数字と考えています。

 

もしゴールドカードの審査に落ちたら?

20歳以上で、正規雇用の会社員なのにアメックスゴールドカードの審査に落ちたしたら、まず、上記の平均給与478万円を基準にして年収がどうかチェックしてみて下さい。

 

次に確認して欲しいのが「ついうっかりの支払忘れ」です。
スマホの支払いを忘れていて、審査にひっかかってしまった・・・というのは、意外とよくある失敗です。滞納で引っかかってしまうと、自動審査的な部分で落ちると言われているので要注意です。

 

審査に落ちたら2度と申し込めないのか?

アメックスゴールカードに申し込んたものの、残念ながら審査に落ちてしまった場合ですが、この点については、

以前お申し込みいただいた時点より3ヶ月以上経過しているようでしたら、再度お申し込みいただけます

とのが、アメックスの公式なアナウンスです。
実際、サポートデスクにも聞いたことがありますが、同じ内容を伝えられました。補足情報としては、最初に落ちた要因になった審査項目が更新されていれば審査に通るし、そうでない場合はまた落ちてしまうことがあるとこのことでした。

 

 

審査と年収についてのまとめ

結論として、アメックスゴールドは、アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)よりも審査基準、申込み基準ともに厳しいです。

 

年収の目安としては、当サイトでは、アメックスの申し込み基準が安定した職業=正規雇用の会社員というところから、国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」の年間の平均給与である478万円がひとつの目安になるのではないかと考えています。

 

審査の通過を補償するものではありませんが、アメックスゴールドの審査を受けるにあたって、年収で悩んでいるようなら参考にしてみて下さい。

 

アメックスゴールドのお申し込みは当サイト提携のキャンペーンの適用が年会費が無料になるのでおすすめです。

 

アメックスゴールドカードの年会費が初年度無料になるキャンペーン

 

もし審査に自信がない場合や、少しだけ背伸びしたいな・・・と思うのであればアメックスグリーンをまずは申し込んでみるのもひとつの方法です。
アメックスゴールドと比較した場合は審査でも安心だと思いますし、ステータスカードしてのメリットも十分です。

 

【参考】
アメックスグリーンのメリットについて
アメックスグリーンのキャンペーン
アメックスカード全体の詳しいご説明

 

ある程度、クレヒスができてからアメックスゴールドカードに変えていくということも可能ですから、最初からゴールドと背伸びしないで焦らずゆっくり検討してみるのもありだと思います。