アメックスでポイントを貯めるコツ

アメックス(amex)カードをもつなら、ポイント還元率をあげる方法と、有効期限を知っておいてください。
これを知っておくことで、アメックスは単なるステイタスカードとしてだけではなく、実利を兼ね備えたカードになりますよ。

 

ポイントの有効期限について

アメックスのポイントの有効期限ですが、通常、入会日より3年が経過した時点で、第1プログラム年度に獲得したポイントが失効します。ただし、1回ポイント交換すれば、ポイントの有効期限が無期限になります。

  • 何もしなければ入会日より3年間で第1期のポイントが失効
  • 1回ポイント交換すれば、ポイントの有効期限が無期限になる

この2点をまずはおさえましょう。
これをおさえたうえで、ポイント還元率を上げる方法をご紹介します。

 

ポイント還元率を上げる方法

アメックスのポイント還元率は、通常は0.5%程度なのですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するとポイント還元率がアップして1%になります。
さらに、ポイントを交換しないでも有効期限が無期限になります。

 

ポイント還元率を考えると「メンバーシップ・リワード・プラス」はぜひ使いたいところなのですが、登録にあたり年会費が3000円かかります。
そこで、特にポイントに交換したい商品がない場合に関しては、2年間はそのままポイントをためて、3年目に「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するのをおすすめします。

 

ポイントを移行する前に登録するかの検討が必須!

「メンバーシップ・リワード・プラス」のデメリットは、年会費が3000円かかることです。(次年度以降、止めない限り自動更新)
ですが、3000円以上のメリットがあれば、登録するのがお得です。
特にこの方法は、アメックスの提携航空会社にマイルを移行したい人におすすめで、マイルへの換算レートもアップします。

 

マイルだけではなくて、楽天スーパーポイント、Tポイント、カードの利用代金として充当できるレートもアップするので、年会費の3000円と比較してどちらがお得か検討しましょう。

 

より多く貯めるアイデア

アメックスのポイントは100円につき1ポイントたまります。家族カードや追加カードの利用分のポイントも基本カードに集約されるので、効率的にポイントを貯めることができます。日々の支払いや月々の公共料金などの支払いなどによってポイントがどんどん貯まっていきます。

 

日々の支払いや月々の公共料金などの支払でも貯まりますが、レストランやショッピング、レジャー施設など、ボーナスポイント・パートナーズの対象提携店なら、カードを利用すると通常よりも多くポイントが貯まります。また、「ぐるなび」でポイント連携設定をしてから、行きたいお店をネット予約するとポイントが貯まります。

 

さらに、「ご紹介プログラム」というのがあって、自分が紹介した友人が入会すれば、自分にも友人にもボーナスポイントがプレゼントされます。

 

また、当サイトに掲載している入会キャンペーンを利用すれば、初年度の年会費が無料になるので、その分はポイントをもらったのも同然です。
アメックスグリーンのキャンペーン
アメックスゴールドのキャンペーン

 

アメックスは、入会方法の選び方でスタート時点のお得感が変わります。
ポイント=お金と考えると、入会方法は上手に選んだほうがいいですよ。アメックスマニアでは、得しながらポイントが貯められるキャンペーンだけ厳選しています。

 

交換できるアイテム

「メンバーシップ・リワード」のポイントに交換できるアイテムは500以上に及びます。会員様限定イベントの参加費用や、「体験」をテーマとしたアイテムにもポイントを利用することができます。さらに提携航空会社のマイルに交換することもできますし、ホテル・グループのポイントにも移行*でき、宿泊券等に交換することもできます。

 

もちろん商品券にも交換できます。たとえば全国百貨店共通の商品券、ヨドバシカメラや高島屋の商品券などです。ポイントを好感したい場合は、アイテムリストの中から、獲得ポイント数に応じた特典を選んで、希望の特典への交換申し込みやマイルの交換は、ログイン後のオンライン・サービスですることができます。
もし、交換したい商品があるようなら、上記でご説明したポイント還元率があがる「メンバーシップ・リワード・プラス」にを検討してみてください。