アメリカンエキスプレスとダイナース、どっちがいい?

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)とよく比較されるのが、ダイナースクラブカードです。
ダイナースクラブカードは、アメリカンエキスプレスカード(アメックス)と並ぶステータスカードで、クレジットカードの5大国際ブランドのひとつ。三井住友トラストクラブが発行しています。国際ブランドはDiners Clubです。

 

AMEXマニアの管理人は、実は、ダイナースクラブカードも所持しています。
手持ちのダイナースカード
手持ちのダイナースクラブカード

 

クレジットカードにいくら使ってるんだというツッコミは置いておいて、ぶっちゃけた使い勝手や1枚に絞るならどっちがいいか個人的なレビューをしていきたいと思います。

 

クレジットカードとしての認知度

アメックスもダイナースもステータスカードなので、ベースの部分のサービスは他社クレジットより格が上です。
となれば、まず比較すべきは、認知度でしょう。所有している満足感というのは、他人の評価があってこそだと思います。ちょっとした優越感も価値のひとつです。

 

ぶっちゃけ自分で持っているので正直な感想なのですが、
若い女子はダイナースカードをわかってくれてない(泣)
ように感じます。。アメックスゴールドを出した時の「あの視線」をダイナースカードの時はほぼ感じません。。これは、正直残念です。

年齢制限の違いに注目

そもそもダイナースカードは入会の目安が高くて年齢27歳以上なのです。若い子(20代前半)が持つカードでないのです。
一方で、アメックスはここ数年で年齢による制限を下げてきていて、現状では20歳以上なら年齢の基準をクリアできます。

 

ここから分析すると、ダイナースクラブカードは、若い子(20代前半)が持つカードでないことから、20代後半になってみるようなところでないと宣伝されていないわけです。
若い女性はそもそもステータスカードを選ぶ理由がないので、親がダイナースカードを持っているとかでないと知らないのかもしれません。

 

意外な落とし穴、カードの色

それに、プロパーのダイナースカードの色がちょっと地味ですよね。。ダイナースのシルバーの色が遠目に見ると他社カードのプロパーカードの見えるのかもしれません。
むしろ、ダイナースカードよりも、20歳になると作れるアメックスグリーンのほうが認知されていて「すごい〜」と思われているような雰囲気さえ感じます。ダイナースに高い年会費を払っているのに残念です。。
という理由から、私の個人的な結論になりますが、見栄えで選ぶなら、個人的にはダイナースよりもアメックス、できればアメックスゴールドだと思います。

 

ステータスに関する客観的な評価

私個人の感想だけというのもなんなので、客観的は評価をひとつ付け加えたいと思います。
2015年2月に価格コムが行った「ステータスを感じるクレジットカードの国際ブランド」という特集からの引用です。

価格.comでは2015年2月に「クレジットカードでもっともステータスを感じる国際ブランドは?」というアンケートを実施。結果、1位アメリカン・エキスプレス、2位ダイナースクラブ、続いて3位はVISA、4位JCB、5位Master Cardの順番になりました。

やはり、ステータスとうい面では、アメックスの知名度が上のようですね。

 

ダイナースクラブカードとは?

このままで終わると、ダイナースって・・・ということになりそうなので、もう少し、ダイナースカードについて補足しておきましょう。

 

「ダイナースカードなんだから?ダイナースクラブが発行してるんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。
実はダイナースクラブカード、様々な社名変更や統合と繰り返し、平成27年には三井住友信託銀行株式会社が、シティカードジャパン株式会社の全株式を取得し子会社化。商号を三井住友トラストクラブ株式会社(Sumitomo Mitsui Trust Club Co., Ltd.)に変更され現在に至っているのです。

 

ダイナースカードはもう10年ほどもってますが、今でも三井住友トラストクラブというのには馴染みません。だからといって、特に困ることもないのですが。
ちなみに、毎月送られてくるご利用代金明細書の発行も三井住友トラストクラブ株式会社です。

 

ダイナースの利用代金明細書

 

ちなみに、ダイナースクラブの名前の由来は、食事をする人という意味なんですよ。この名前の由来のとおり、食に関する特典は魅力的です。私がダイナースを解約しないのも、細かなクレジットカードの個性の部分で、ダイナースとアメックスを使い分けているというのもあります。
先ほど書いた認知度に関して以外は、正直なカードの利用状況で好みが分かれると思います。

 

そこで提案なのですが、アメックスカードを1年だけ無料で作って、ダイナースカードと使い勝手を比較してみませんか?
アメックスに関しては、当サイトがご紹介するキャンペーンページからのお申込みで初年度の年会費が無料になります。

 

初年度年会費の31320円(税込)が無料

AMEXゴールドのキャンペーンのお申し込みはこちら

初年度年会費12960円(税込)が無料

AMEXグリーンのキャンペーンのお申し込みはこちら

 

二枚もちするのに、ダイナースカードで23,760円(税込)かかりますが、時期をずらして申し込めば審査には問題はないでしょう。「アメリカンエキスプレスカード(アメックス)とダイナースクラブカードどっちがいい?」と悩まないでも、ダイナースの会費だけで両方お試しができますよ。