すぐ分かる・使える!クレカの基本 【用語集】

 

一時増枠(いちじぞうわく)

一時増枠とは、クレジットカードの利用枠を一時的に広げること。
海外旅行に行く場合や、スポット的に高額な買い物をするのが事前にわかっている場合に、カード会員本人がカード会社に申請して許可された場合にのみ、利用可能となる。

 

カードホルダー

カードホルダーとはクレジットカードの保有者のこと。
アメックスカードの説明でよく用いられる用語です。
「アメックスのカードホルダは・・・」のように使います。

 

キャッシング枠

キャッシングとは、クレジットカードを使ってキャッシングできる限度額のことです。
一般的なクレジットカーでは「ショピング利用枠」と「キャッシング利用枠」がそれぞれ設定されています。
両方あわせて「総利用枠」といいます。

 

クラシックカード

クラシックカードとはカード会社が発行するもっとも基本的なカードのことです。一般カードと呼ばれることもあります。
その多くは可能なサービスを除いて日常生活で十分な機能だけを持たせてもたせているカードです。

 

ただし、アメックスの場合はベースラインが一般的なカードより高いです。
クラシックカードという発想が馴染まないかもしれません。

 

クレジットスコアリング

クレジットスコアリング(クレジットスコア)とは、個人や企業の信用度を点数化して与信の可否を中立的に判断するためのシステムのことです。

 

クレジッカードの審査の際によく使われる用語です。
個人信用情報機関の個人信用情報やカードの利用状況・支払い情報を解析してスコアリングしていると言われています。
アメックスやダイヤースのようなステータスカードや、流通系のカードの中でもゴールドカード以上になると、スコアリングのチェックも厳しくなると言われています。
【参考】 アメックスカードの審査|ぶっちゃけ難易度の基準はどれくらい?

 

ゴールドカード

ゴールドカードとは一般のカードよりも付加価値が高いサービスや特典が付与された上位のグレードのカードです。カードの色をそのままとって、ゴールドカードと呼ばれます。
付加価値が高い分、一般カードと比較して年会費が高くなります。
【参考】 アメックスゴールドカードの詳細はこちら

 

家族カード

家族カードとは、カード所有者の本人以外に家族に発行されるカードのこと。
配偶者や両親、18歳以上の子供を家族の範囲とするのが一般的です。

 

アメックスのゴールドカードの場合は、家族会員1名分の年会費が無料になっています。

 

航空機遅延補償

航空機遅延補償とは、飛行機の遅延や欠航、手荷物の遅延などにより生じた損害を補償する制度です。
クレジットカード会社によって補償がついているかどうか、また補償の範囲が異なります。

 

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスとは、クレジットカードに付帯したサービスのひとつで、例えば旅行の手配や、チケットの取得、レストランの予約などを電話1本で代行して行ってくれるサービスです。

 

自動付帯

自動付帯とは、主にクレジットカードの保険に使われる用語です。
クレジットカードには保険が自動付帯しているものがあり、カードを持っていると万が一の時に補償が受けられます。
適用条件はクレジットカード会社や、カードのランクによって異なるので要確認です。

 

招待制カード

招待制カードとは、カード保有者からは申し込みできないカードのこと。
一般的には、ブラックカードに対して用いられることが多い。

 

アメックスカードでは、ゴールドカード以上、プラチナカードセンチュリオンカード(ブラックカード)がこれにあたる。

 

特約店

特約店とは、そのクレジットカードを持つことにより特別な優遇が受けられる店のこと。カード会社の系列会社が運営していることが多い。

 

ブラックカード

ブラックカードとは、ゴールド、プラチナ以上のステイタスがあるカードのこと。招待制カードである。

 

プライオリティ・パス

年会費を支払うことで世界400の都市で850箇所のラウンジを使えるサービス。
ステイタスカードの場合は、年会費が無料になるカードもあり人気が高い。

 

アメックスの場合は、グリーンもゴールドもプライオリティ・パスが付帯している。

 

リボルビング払い

リボルビング払いはリボ払いとも呼ばれる支払い方法の選択肢のひとつで、あらかじめ設定した金額で利用残高を返済していく方式。
毎月の返済が一定になる利便性がある一方で、残高が増えてくると返済期間が伸びて利用負担が増すことがある。

 

利用可能枠

利用可能枠とは、個人の信用力や利用実績に応じて設定された利用限度額のこと。ショッピング枠とキャッシング枠に分類される。
事故なく利用実績を積むと、利用可能枠は大きくなる。

 

BINコード

BINコードとは、カードに表示される6桁の番号のことで、カード会社の識別に用いられる。